お知らせ

ルレ・エ・シャトー グランシェフディナー2013・イン・ロンドン

2013年 5月 3日

べにや無何有が加盟するルレ・エ・シャトーからのお知らせです。

世界60カ国、520以上の最高級のホテル・レストランが加盟する世界的権威の会員組織、ルレ・エ・シャトー(1954年創設-本部:パリ-会長Jaume Tapies ジャウメ・タピエス。日本加盟12)は、2013年4月22日、ロンドンの「≪Old Billingsgate≫ オールド・ビリングスゲイト」に、誰もが認める料理界のリーダーたちである、ルレ・エ・シャトーのグランシェフ46名を一堂に会し、「ディナー・デ・グランシェフ(Diner des Grands Chefs)」を開催しました。

日本からは、オーナーシェフ 渋谷 圭紀(しぶや よしのり)<ラ・ベカス(大阪)>と山口 浩(やまぐち ひろし)<神戸北野ホテル総支配人・総料理長>の2名が参加しました。

料理をテーマに世界を巡るこの一大イベントは、今年で3度目の開催となります。≪All the World's a Kitchen by the Thames≫『世界すべてのキッチンはテムズ川沿い一堂に』のテーマのもと、グランシェフが3名ずつのグループに分かれ、600名のグルメなゲストのために腕によりをかけて個性的な15種類の5品コースディナーを作りました。ドリンクはポメリー・シャンパーニュの最高級ヴィンテージが振る舞われました。

日本からの参加者も含め、この上なく素晴らしい美食体験を味わうために、映画スターや政治家、音楽家、著名な実業家やセレブリティたちが集まり、世界の名だたる偉大なシェフたちが目の前で繰り広げる、一夜限りの「食のシアター」を堪能しました。
かつてロンドン・フィッシュマーケットとして賑わいをみせていたオールド・ビリングスゲイトには、青々とした草が生い茂る小道が設けられ、ハーブや野菜、花などが芸術的にディスプレイされた英国カントリーサイドの田園風景に見事に変身しました。各テーブルの間には、Golden Beetroot(ゴールデン・ビートルート)、Cornish Artichoke(コーニッシュ・アーティチョーク)、あるいはYorkshire Rhubarb(ヨークシャ・ルバーブ)など、伝統的なイギリスの食産物にちなんで名づけられたクッキング・ポッド(調理台)が並べられ、ゲストの美食家たちが、今まさに調理されている料理の様子を実際にその目で見ることができる工夫をこらしました。