お知らせ

金沢21美 「ス・ドホ」展のお知らせ

2012年 12月 13日

ス・ドホは1962年韓国に生まれ、ソウル大学校卒業後、アメリカに移って絵画と彫刻を学びました。マイノリティとして暮らす他国の文化とのせめぎ合いや葛藤を独自の視点で見つめ直しながら、繊細で端正な表現に反映させ、世界的にも高い評価を得ています。特に「空間をスーツケースに納めて運ぶ」という発想から始まった「ファブリック・アーキテクチャー」のシリーズは、光を通す半透明な薄い布で作られ、自身が住んでいた家全体や、階段や廊下、門などといった、内と外、或は公と私を分け隔てる境界を象るものです。現在もロンドン、ニューヨーク、ソウルを拠点にして、作品発表やプロジェクトのために世界各地を移動し続けているス・ドホにとって、「家」について言及することは、自らのアイデンティティに関わる疑問の延長上にあります。
本展では金沢21世紀美術館の空間に合わせた最新作を含めて紹介し、ス・ドホの「家」を訪れる私たち自身が、「家」について省察する機会とします。(金沢21世紀美術館より)

《ソウルの家/ソウルの家/金沢の家》
2002-2012
作家蔵
(C) Do Ho Suh

墜落星 -1/5スケール》
2008-2011
リウム・サムスン美術館蔵
(C)Do Ho Suh

《家の中の家 -1/11のスケール -プロトタイプ》
2009
作家蔵
(C)Do Ho Suh

「ス・ドホ」展の入館チケット付プランを20組様限定でご用意いたしました。
この機会にぜひべにや無何有と韓国の現代アートをお楽しみ下さい。
ご予約はこちら

2012年11月23日(金)~2013年3月17日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
休場日:
月曜日(ただし、12月24日、1月14日、2月11日は開場)
12月4日(火)〜12月13日(木)、12月25日(火)、12月29日(土)〜1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)